主の愛の途方もない大きさを、しみじみと実感する。