日本の歴史と、欧米の歴史が違い過ぎて、キリスト教受容といっても、内村鑑三の無教会主義という考え方のように、日本独自のキリスト教神学を形作る必要があるんだなと感じる。特に教会形成論は非常に重要だ。ただ海外からの教会形成論を方法論として援用したところで、日本だとほとんど何の意味もない。歴史的な背景が違いすぎるから、クリスチャニティがしっかりと受容されるためには日本独自の教会形成論の確立が欠かせないんだと思う。その意味でもキリスト教界が、日本の幼児教育や学校教育に注目したのは大きいのだろうね。長い時間をかけて、文化を受容するための「人」から作っていったといえる。そうしたことが日本のキリスト教受容の今後の重要なベース、内的召命の源泉になっていくんだと思う。