◆【ベツレヘムの星便り】(旧:ユピテルジョージの今週の星便り)


 2019/7/21                                 360号


こんにちは、杉本譲治(旧:ユピテルジョージ)です。

まるで電話帳のような、分厚い聖書を読む時、
何よりも大事なことは全体をざっくりと把握しながら読むこと。

これまでのメルマガでも、こうした聖書を読む際に、
「全体をざっくりと把握しながら読むことの大切さ」を
伝えてきましたが、これは強調してもしすぎることはない重要な視点。

そして、聖書とはいったいどのような書物なのかを
一言で表すと、この一節にたどり着きます。

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。
独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」
ヨハネによる福音書 3:16 新共同訳

この聖句は、ミニバイブルと呼ばれ、
今日は、聖書の中で最も引用される一節として知られています。

ミニバイブルについて
https://vrchurch.online/minibible316

旧約聖書、そして新約聖書の御言葉(みことば)にあらわれる
全ての光は、ある意味この一つの焦点に結実する
レンズの光ともいえるでしょう。

この光をしっかりとあなたのハートで受け取れるようになると、
あなたの人生は大きく変化し始めます。

この聖句はさらにこのように続きます。

「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、
御子によって世が救われるためである。」
ヨハネによる福音書 3:17 新共同訳

聖書の教えは決して、厳しい修行や戒律、善悪の裁きではなく、
「あなたは、神様の目にとって完璧な自分でなくとも、
どんなに罪深い姿であっても、創造主に愛されている」
という赦しのメッセージなのです。

「そして、あなたを赦すために、創造主は、
大切な独り子イエスキリストを、生贄にさえした。
それくらいの愛をもって、今もこれからも
ずっとあなたを愛しておられる」
という無償の愛のメッセージなのです。

このミニバイブルは、下記のようにあなたの名前に言い換えて
読み直すことで、より自分のこととしてとらえやすくなるでしょう。

「創造主は、その独り子をお与えになったほどに、【…あなたの名前…】を愛された。
【…あなたの名前…】が滅びないで、永遠の命を得るためである。

創造主が御子を世に遣わされたのは、【…あなたの名前…】を裁くためではなく、
御子によって【…あなたの名前…】が救われるためである。」

この御言葉に、あなたの名前(愛と親しみを込めてあなたの下の名前がいいでしょう)をいれて、
じっくりと、ゆっくりと、声に出して
味わいながら読んでみてください。

いかがでしょう。

何かハートに温かいものを感じませんか?

この温かな愛こそが創造主が与えた「無償の愛」なのです。

聖句を味わう方法は何より、
イエス様との関係性を、あなたとの個人的な関係性として、
自分事としてとらえていくこと。

ついついイエス様は、歴史的な人物、出来事だからこそ、
何か遠いはるか昔の、海の向こうの出来事と思われがちですが、
イエス様との出会いは常に、「今ここ」に開かれているです。

今日は、聖書の中でも最も引用される聖句の一つ
ミニバイブルについてのお話をいたしました。

イエス様の十字架の犠牲と、無償の愛との関係について、
詳しい神学的背景については以前のメルマガでもお伝えしたので
こちらを時間のある時に読んでみてくださいね。
https://vrchurch.online/1466

それでは、今週もあなたにとって素敵な一週間になりますように。
父と子と聖霊の御名においてお祈りいたします。アーメン。



メールマガジン【ベツレヘムの星便り】(旧:ユピテルジョージの今週の星便
り)
発行者:杉本譲治


▽今週もあなたにとって素敵な1週間になりますように。
父と子と聖霊の御名において、お祈りいたします。アーメン。

▽本メールマガジンの配信解除はこちらから
https://j.bmb.jp/bm/p/f/tf.php?id=r_bridge



(c)2019 George Sugimoto All Rights Reserved.