聖書において、聖霊は炎としてよく描かれる。使徒行伝2章3節のペンテコステの炎の舌もそうだし、エゼキエル書1章4節の炎のまぼろし、マタイ伝3章11節の聖霊と火とのバプテスマなど。
聖霊は炎のようであるがゆえに、クリスチャンに強い情熱を与える。そして、聖霊が大いに注がれるリバイバルの時代には、燃え広がるような信仰の覚醒を世界中にもたらしていく。日本にもこうした聖霊の炎が燃え広がるリバイバルの日が、刻一刻と近づいている。