主に与えられた自分の賜物(才能)は、Gift(才能とプレゼントという両方の意味がある)という呼び名の通り、決して自分個人のものではありえない。我が身を誇ることなく、主の栄光を讃えるために、主に仕えるように、人に仕えていくことが主イエスキリストの教え。主はその憐みのゆえに、ご自身の御子を遣わし、十字架における贖いの御業を通じて、罪深き人間を義としてくださった。

「王のように自信をもって、僕のように人に仕える生き方」。新しい時代には、これがとても大事。結局のところ、政治も、吉本の問題も、ここに行きつくんじゃないだろうか?

父と子と聖霊の御名においてお祈りいたします。アーメン。