諸外国ではGAFAルネッサンスからの福音派リバイバル、日本では階級社会化に対するマルクス主義的アカならぬ、イエスの十字架の血の赤、という風になっていくんだろうね。

GAFAルネッサンスというフレームが一番分かりやすいな。結局日本のニューエイジの浸透も、GAFAルネッサンスの文脈上にある。

そしてGAFAルネッサンスの上に、今度は階級社会化とクリスチャニティ のリバイバルという流れが生じてきているのはまさに時代の必然性と言えるのではないだろうか。