主の御手の完全さに、ただただ深く畏れ敬い、ただただ主を讃えたい。