来月ヴェルディのオペラ「マクベス」を見に行きます。ヴェルディの作品に特化したアーリドラーテ歌劇団による舞台で、聞くところによると、主催の山島達夫さんが、ヴェルディを愛するあまり、多くの方々にヴェルディを知ってほしい、ヴェルディをキーワードにした「コミュニティ」の再生という思いを胸に、毎年続けておられ、2日間満席でも、赤字になってしまうというくらい、ものすごい熱量で活動されているそうです。2日間とも演者が違うし、この熱量はなかなか他ではありえない舞台だと感じます。