やはりしみじみ実感するのは情報は信仰をコアとして集まってくるということ。エコーチェンバー化する時代において、非エコーチェンバー型の教理でありながら、信仰を共有できる聖書というものが今後果たしていく役割は非常に大きいと実感する。
確実に今の時代は、情報化時代から信仰化時代に入りつつある。