主イエスキリストの愛

こんな罪深い自分がクリスチャンとして生きていること自体、本当にイエス様の血潮以外において何の義もないなと深く感じる。いやぁ…、この赦された罪の大きさゆえに…、本当に一人でも多く救われてほしい…。

つくづくニューエイジャーとしての罪の重さとクリスチャンとして全く清くない自分の立場が痛切に身に染みるね…。いやぁこりゃほんと神様が、僕が絶対に誇ることのないところから召し出してくださった愛を感じざるを得ない。僕は、すぐに高慢になる性格だからね。どうか一人でも多く救われますように。

そもそも本来クリスチャンから見たら、こんなクズみたいな人間を、温かく受け入れてくれた教会やクリスチャンの方々に感謝しかない。何より温かく受け入れてくださっている父と子と聖霊の御名に深く感謝。どうか私の罪を御赦しください。私も人を赦します。アーメン。

十字架を受け入れれば、クズな自分を自己処罰する必要がもうなくて、ただただ憐れみによって救われたことを実感する。人間誰しもが罪責感を募らせて生きているものだが、どんな罪をもイエス様は十字架の上で贖ってくださった。これこそが本当の真理であり、また最大の奇跡である。

多くの「成功したニューエイジャー」たちも、「成功後」は経済的な基盤をニューエイジ的言説の上においてしまっているため、いざ自分の罪に気づいた時には、このゲームから降りられなくなってしまう。心で罪責感を蓄えながら、社会的評価や経済の奴隷となっていく。サタンの罠というのは非常に巧妙。

ニューエイジャーとして生きてきたことを自己処罰するのではなく、神の愛の証をすること。イエス様の血潮が無かったら僕は罪責感のゆえに、確実に自らの命を絶っていたと思う。イエス様は何の罪もないのに、その罪を全身に背負って死んでくださった。ただただその尊い十字架の血潮にひれ伏すしかない。

おそらく来年は内外からぼっこぼこにされるし、まぁ、ツッコミどころ満載で、ぼっこぼこにされるべき存在なのではあるが、ただただ一つ「福音を伝える」そして「一人でも多く救われること」ここに全生命力の全てを持っていきたい。正直福音を伝えるためなら、生命は惜しくないです。アーメンです!

なんかしみじみと 神様って 僕みたいな罪だらけの人間を伝道に召すなんて… 懐が大きいというか 「ニューエイジは危険だと、ニューエイジのリーダーの口を持って言わせる」なんて…ユーモアのセンスがあるというか 人間に対する愛がとにかく深い。どこかやっぱりイエス様は 人間味のある神様です…。

12年占い師をやっていた罪は重いよ。やっぱり。