【Blessing Night】明日の夜ブレッシングナイトが開催いたします。今回のスペシャルゲストは、岩渕まことさんです。

明日、1月14日(金)の夜、今月のBlessing Nightが
オンライン配信にて開催いたします!

今回のブレッシングナイトは、
国内外で精力的に活動され、
小坂忠さんとも長年デュオを組まれていた
ビッグネイム、岩渕まことさんをお迎えいたしました!

今日は、熱い岩渕まことさんの思いを知っていただくべく…、
2016年に青学でお話されたという
素敵な証をご紹介します…。

(今回は、すでに明日のブレッシングナイトにすでにお申し込みくださった方にも、
明日、特別な時間をさらに楽しんでいただくために、お送りしています。
申し込みについては、重複のご連絡になってしまいますが、
どうかご容赦ください…。)
 
▼賛美と証 岩渕まことさんのメッセージ(青山学院高等部での講演より)
伝道者の書12章1節(新改訳聖書)
「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。
わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。」
http://www.agh.aoyama.ed.jp/education/religion/worship/2016/report_2016_01.html

岩渕まことさんは、
1977年に、日本コロムビアから
シンガーソングライターとしてデビュー。
好きな歌を歌って生活する日々を送っていました。
しかし、その生活の中で手に入れたのは、
思い描いていた自由とは違う自由でした。

「行き場を失っていく自由。」
成功も失敗も、すべて自己で責任を取らなければならない世界に対し、
しだいに息苦しさを感じるようになりました。

しかし、1980年にクリスチャンの小坂忠さんとめぐり逢い、
そのような時に主イエス・キリストと出会います。
そして、イエス様を受け入れ、受洗。

そして、暗く悲しい歌ばかり歌っていたといわれる岩渕さんは、
神さまへの感謝と喜びに満ちた歌を歌う歌手へと変えられていきました。

今回、コロナ禍で揺れる世界の中でも、
ただ「将来の不安を漠然と感じる」ということを超えて、

ある意味、「生きる意味」「家族」「生命と死」
「本当の豊かさとは何か」といった根源的なテーマと
向きあうことが増えているといえるかもしれません。

岩渕まことさんがそうであったように、
人は困難な時こそ、本当の意味で、
この世界を創造された神様、
ジーザスクライストの愛を、全身で体験できる
大きなチャンスなのかもしれません…。

==============
▼岩渕まことさんの名曲の数々…
==============

▼GOD BLESS YOU 岩渕まこと 岩渕由美子 official CD 天にも地にもより

日本生まれの讃美歌をという思いで、岩渕まことさんによって作曲され
世界に向けて発信さた名曲です。
いまでは、実際にその願いのとおりに、様々な国で歌われています。
きっと、教会で聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

▼父の涙 岩渕まこと official CD HEAVENLYより

岩渕さんは、クリスチャンとなって7年目に、
愛する8歳の娘さんを天に送られました。
その経験をとおして、父なる神さまの苦しみを改めて感じられたそうです。
わが子イエスを十字架につける神さまの苦しみは、どれだけ深かったことでしょう。
しかしその十字架は、私たち人間に対する愛の証しでした。
この曲には、神さまの苦しみや悲しみだけでなく、
苦しんででも私たち人間を救おうとされた神さまの深い愛が歌われています。

そのほかの楽曲も、こちらの公式YouTubeから、
ご視聴いただけます。
https://www.youtube.com/channel/UC8maArHkBNYcsA63S7Pz6yQ

ぜひチャンネル登録をお願いします。
==============

岩渕さんは、
現在までに自社、他社制作を合わせて
30タイトル以上のCDをリリースされ、
奥様の岩渕由美子さんとのデュエットや
Acoustic Bonbonとのユニットでも活動中。

また、東京キリスト教大学でも、
教鞭をとられています。

一度聴くと忘れられない、
心にしみわたる岩渕まことさんの音楽…。
あなたもぜひ明日のブレッシングナイトで、
体験してくださいね。

また、岩渕まことさんの公式ブログでも、
今回の配信にかける思いを記してくださっています。

===================================
(岩渕まことさんの公式ブログより)
さて使用ギターのことに戻りますが、ウッドのリゾネーターはメインギターと
しては考えていなかったこともあり、弦高やオクターブ調整の必要があるには
ありました。それは左手の負担や弾きやすさと関係しますし、6弦のハイフレ
ットでの音程も少々気になっていました。またピックアップからの集音も完全
とは言えないので、マイナスポイントがあるのですが、音色としてはこれだな
と思ったんです。

配信された動画を観てハッとしたのは、普段ラインからの音をチェックしては
いましたが、スピーカーから音を出してチェックしていたので、生音も結構聴
いていたということです。その状態ではとても良かったのですが、収録された
ラインだけの音を聴いて「こりゃあまずい」と思ってしまいました。

ということでヘッドフォンだけで音質その他のチェックに入りました。まずは
イコライザーでの調整。次には弦を変えてみて、その次には楽器を換えてみる。
いろいろ繰り返した結果、明後日のライブは金属ボディーのStyle Oで行くこ
とにしました。
===================================

岩渕さんがいかに明日のその瞬間の「生の音」にこだわり、
最後の瞬間まで、音作りをしているかを、
つまり、あなたへの愛を、
感じ取っていただけると思います…。

さて、今回のブレッシングナイトは、
2020年1月7日に発令された緊急事態宣言を受けて、
皆様の安全を最大限に考慮し、
また、こうした時代だからこそ安易に
イベントを中止や延期にするのではなく、

むしろより強く元気になるメッセージを届けていこうと、
スタッフ全員で協議して、知恵を出し合い、
【無観客オンライン配信】といたしました。

スタッフ全員が、感動を皆さんに
お届けしたいという思いで一致し、
明日に向けて、準備を重ねています。

こんな時代だからこそ、
どんな時でも逆境に打ち勝つ心の在り方を伝えてこられた
アーサー先生のメッセージと、
心温まる、岩渕まことさんの音楽を、
ぜひ明日、配信を通じて、
受け取ってくださいね!

  • Arthur Hollands Talk Live – with 岩淵まこと (Music ゲスト)
    ■ 開催日:2021/ 1/15 (金) 19:00-
    ■ 料金:オンライン配信¥2,000-[税込]
    (クレジットカード決済/銀行振込)
    ■ ご予約:リンク先よりお申し込みください
    ■ お問合せ: TEL : 090-1883-8862

無観客オンライン配信申し込み:
https://vr360.life/blessingnight

■ 音楽ゲスト紹介:岩渕 まこと / Makoto Iwabuchi
1977年、日本コロムビアよりシンガーソングライターとしてデビュー。演
奏活動以外に、CMソングやドラえもんの映画『のび太の宇宙開拓史』他の主
題歌も歌っている。
1980年、小坂忠氏とデュオで活動を始める。長女を天に送る経験を通して
生まれた曲「父の涙」は多くの方々に愛聴されている。
1996年再びソロ活動開始。チャーチコンサートやライブ活動の他に「歌声
ペトラ」という新しい賛美歌を作り歌う会を開催してきた。「歌声ペトラ」の
代表曲に『GOD BLESS YOU』がある。
2007年、詩画作家、星野富弘さんの詩を歌うCD「ぺんぺん草のうた』、2
008年『日日草のうた』、2009年『サフランのうた』をリリース。
2008年、横田早紀江さん作詞の「コスモスのように」を作曲。岩渕由美子
が歌った。
2009年、初の著作、エッセイ「気分は各駅停車」を発表。
2011年の東日本大震災後に『東北応援団 LOVE EAST』を結成し、東北への
支援活動を開始。同年12月、岩渕由美子とのデュエットアルバム「北上夜
曲」をリリース。
 
2012年デビュー35周年を迎え、仙台、大阪、東京で記念コンサートを開
催。また東京基督教大学非常勤講師としてギターとウクレレを教え始める。
 
現在までに30タイトルを超えるCDを発表。最新アルバムは2018年リリー
スの『風に乗って』

※緊急事態宣言下における感染症対策に万全を期すため、 今回は、特別に、1
月15日(金)当日の日中に収録したものを、レイテンシー放送(数時間前に収
録したばかりの映像)として、19時から配信いたします。日に日に変化する社
会の動きの中で、「明日のその日」だからこそ、繰り出されるアーサー先生の臨
場感のあるメッセージ、岩渕まことさんのミュージックを、心おきなくお楽しみく
ださい!

明日はあなたととともに、
素晴らしい時間を共有できることを、
心から願っております…。

ブレッシングナイト事務局
杉本譲治