VR360教会

エコーチェンバー」の検索結果

キリスト教は、宗教を成就させた結果生まれた宗教。

キリスト教の教学としての構造は、キリスト教そのものは、宗教ではなく、宗教を成就させた宗教という二重構造にある。簡単に言うと、世界中のあらゆる宗教のベースである「技による救い」をベースした宗教を、「主の一方的な恵みによる救い」「信仰のみによる救い」という形で成就させた形になっていることが、非常に重要な部分である。回心とは、すなわち、「技による救い」を成就させた結果「信仰のみによる救い」に移行するということ。つまりキリスト教の教理そのものは、そもそも宗教と呼ばれるものも異なり、宗教そのものを成就させた、メタ宗教といえるようなものであるといえる。 その意味で、「宗教は本質的にはたどり着くところは皆同じですよね。」という発想は、そもそも見るべきレイヤーが異なっていて、たどり着いた結果がメタ宗教としての到達点が、キリスト教教理の「信仰のみによる救い」という部分ににあるということ。 そういう意味では、僕自身は、ニューエイジや、占い、神智学、心理学といった「技による救い」を成就させた結果、最終的に実を結ぶという形で、キリスト教に回心したといえる。その意味で、これまでの歩みであるところの技による救いそのものを否定する必要もないし、かといって後戻りもする必要もない。さなぎから蝶になった時に、さなぎを否定する必要もないし、かといってさなぎである必要もなくなる。 現代社会は、そういう意味で、心理学やセラピー、自己実現などの「技による救い」といった宗教を追い求めているが、結果的に最終的にそれが行きつくところは、そうした宗教の成就としての、メタ宗教に入るということ。そもそもイエスを含め、キリスト教の初期の使徒たちは、ユダヤ教が成就した「普遍的な教え」を福音と呼んでいて、(しかもこれはユダヤ人に向けてではなく、異邦人にこそ広がっていくことになる)決してこの当時彼らは「キリスト教」と自称もしていないし、そういうアイデンティはないんだよね。あくまでイエスを救い主として受け入れて、技による救いをベースとした宗教を成就させた結果生まれた信仰のみによる救いをベースとした宗教を信じていただけ。 なぜ世界中の3割の人が信じるようになったのかという、キリスト教の拡大の本質は、そもそもキリスト教が私たち日本人が思うような宗教ではなく、メタ宗教であったということにあると思う。そもそも日本人が教会と聞くと、仏教でいうところのお寺、神道の神社のように建物のことを思うのであるが、キリスト教における教会とは、あくまで「信徒の霊的なつながり」そのものを指す言葉である。宗教と一言でまとめるには、実際には、見ているレイヤーが、異なるんだよね。なので、日本人の感覚で、キリスト教を理解しようと思っても難しくて、メタ宗教としてのキリスト教という構造を理解しないと、なかなか本質は見えてこないと思う。 ある意味神智学もメタ宗教であるといえるのだが、そもそも日本人にとっては神智学は仏教的神道的にしかとらえることができないので、結果的に、神智学も技による救いをベースとしたものとして理解することになる。その意味で、結果的に神智学をメタ化したところにキリスト教があることがわかると、キリスト教教理の素晴らしさや、本質が分かってくると思う。 その意味で、日本のニューエイジムーブメントというのは、こうした理論背景から考えても、ある意味日本の「技による救い」の思想的ベースを収斂させ、結果的に、メタ宗教としての、キリスト教信仰へと進んでいくと思う。旧約聖書のヨナ書、ナホム書(主はイスラエルを悔い改めさせるために敵国アッシリアを立てた)、ハバクク書(同じ理由からバビロニアを立てた)、オバデア書(エドムを立てた)で預言されたように、主は民を導くためには、悪の勢力ですらお使いになられる。僕自身が、最近問題視している「エコーチェンバー型群発カルト」についても、主は、おそらくこの悪を用いて、日本人の霊性を正しい方向へと導かれているのだと思う。つまり、日本におけるニューエイジ(スピリチャル)の広がりは結果的に、メタ宗教であるところのキリスト教へと収斂していくことになっていくのだと思う。その意味でも、こうしたメッセージを伝えていくことは、とても大事なことであるといえる。

霊的な堕落

今のスピリチャリティに関する言説を見ていると、この数年SNSがエコーチェンバーしていくにしたがって、人格主義に基づかない浮ついた内容が多いように思う。ある意味、これは91年のバブルの崩壊以前の状況と似ていて、異常な熱狂と根拠のない発展は、必ずどこかで破たんが来る。こうした異様なバブル現象は、霊的な価値基準における「原則」を見失ってしまっていることからくる、霊的な堕落にあると思う。こうしたバブル現象になっている一番のコアになっている信条・思想が、「自分を愛すること」という考え方。この考え方は、他者や社会への興味の喪失という形で現れ、ある意味何の吟味も加えられることなく、完全にバブルと化して、人としてあるべき良心をむしばみ始めているように思う。 SNSのコアにある設計思想は、「友達の友達は、友達」という思想と、「承認と所属、自己実現の欲求」という個人のニーズを満たすことにある。個人主義とはヒューマニズムであって、人間中心主義だ。あくまでこうした心理学的な欲求は、個人主義的な思想が背景にあるために、「主との関係」という霊的な原則が見えてこない。また、「友達の友達は、友達」という概念によって実装される機能は、むしろエコーチェンバーを加速させ、キリスト教における「汝の敵を愛せよ」というテーゼを忘れさせてしまう。 僕自身が、ニューエイジ的な文脈を離れて、イエスキリストを自分の救い主として信じるものである(キリスト者)であるという信仰告白をして、キリスト教徒として完全に回心したのも、確実にこうした日本に充満している霊的な堕落に、最近とても心を痛めているからであって、正しい方向に向かってほしいと願っているからだ。 根っこのないバブル現象は常に崩壊するし、聖書の世界でも、主の原則に従わなかった民は常に罰を受けるという歴史に学ばないとけないのではないだろうか? オウム事件の時代とは異なり、エコーチェンバー化は、より小規模群発的なものになっているので、こうした霊的堕落からくる被害も見えにくいし、また自分自身も被害者になるだけでなく、むしろ、その加害者になっていってしまうことも多いと思う。 旧約聖書の12の小預言書などでも、常にこうした霊的な堕落の時代に、主は預言者を通じて警鐘を鳴らしている。日本の霊性がオウム事件の時のように取り返しのつかない事態になる以前に、まずは主との関係性の中において、自分自身の身の在り方をしっかりと振り返り、改めていかないといけないと思う。 旧約聖書の、士師記の時代もまさにこのような時代。「それぞれが自分の目に正しいとすることを行っていた。」‭‭(士師記‬ ‭17章6節)時代であり、霊的に堕落し、社会全体が混沌とした、まとまりのない暗黒時代に入っていった。自分の目に映るものをベースに自分の視点で自己義認するのではなく、主が喜ばれる生き方とは何かという視点に立って、信仰によって義とする生き方が大切だ。このことは、歴史や霊的真実に学ばなければならないと思う。信仰の核がないまま、安易にスピリチャルブーム、ニューエイジムーブメントに乗るのは非常に危険だ。主への信仰を持たずに、「自分を愛する」という思想に走ることは、エコーチェンバー化する今の時代においてはむしろ自分の目を曇らせる非常に危険な思想になりうる。エコーチェンバー化する時代こそ、霊的なものに携わるのならば、「主を愛し」「汝の敵を愛せよ」という原則を心の中心に置くべきではないだろうか。でなければ、自分ばかりでなく周囲の人も巻き込んで、身を亡ぼすことになってしまうと思う。 主イエスキリストの御名において、お祈りいたします。アーメン。

ヘレニズム主義のベースには、ギリシア哲学がある

そもそもヘレニズムのベースとなったギリシャ哲学では、異質なものは互いに背けあう、無視しあうのではなく、同じ土俵で議論しあって、何かしらの新しい結論をもたらそうとしたからね。ポリスや個人主義思想の基本はここでしょう。ヘレニズム主義をとるなら、エコーチェンバー化してる場合でないでしょ。ヘレニズム主義に基づいて、自由主義、個人主義をうたうなら、ちゃんと自分にとって異質な意見をしっかりと受け入れないと。そういう部分が、そもそも機能として、SNSに実装されていないということなんだろうね。最近登場したSNSなどでのいいね機能を廃していこうという流れもここにあるんだろうね。 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/30/news084.html https://jp.techcrunch.com/2019/04/20/2019-04-18-instagram-no-like-counter/

自己義認に陥らないために(自己義認の迷路)

福音を知るといいことは、自己義認/行為義認から離れられるということ。そして、信仰義認によって、罪人としてのありのままの自分を受け入れられるということ。そして、神によって自分が赦されたように、人を赦せるようになるということ。これは、赦しの愛に基づく、人との親密さや、人生における非常に深い安心感と平安を与えられる。 ニューエイジ的な思想においては、ありのままの自分とは、神のような無限の可能性がある素晴らしいものと教える。また、自分の意識が自分の世界を創造しているので、善悪はなく、価値観があわないのは相手との思いの周波数があわないだけで、距離を置いて、離れるべきだと教える。SNSの仕組みが幸か不幸かそもそもこうした価値観と非常にあうシステムなので、この10年でこうした価値観は蔓延していくことになった。そして、いつの日か「人間関係の断捨離」や「スルースキル」とまで呼ばれるようになった。こういった考え方は、非常に悲しいことではないだろうか。 無論こうした考え方であれば、自分の罪を振り返るということはなくなり、また、自分とは異なる価値観を持った他者との親密さを感じることもなくなる。結果的にこうした考え方は、こうした、日本に広がっているニューエイジ的な思想は、結果的にエコーチェンバー現象という現象をさらに加速していき、その人の人間関係を、孤立させていくだろう。 「自分を愛してくれる人だけを愛したところで、ほめられたことでも何でもありません。神を知らない人でさえ、それぐらいのことはします。 よくしてくれる人にだけよくしたところで、何の意味があるのでしょう。罪人でさえ、それぐらいのことはします。」 ルカの福音書 6:32-33 「いいですか、よく聞きなさい。あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者によくしてあげなさい。 あなたをのろう者を祝福しなさい。あなたを侮辱する者に神の祝福を祈り求めなさい。 もしだれかが頬をなぐったら、もう一方の頬もなぐらせなさい。」 ルカの福音書 6:27-29 しかし、一方でこうした現象について、やはり揺れ戻しというのは今後起こってくるのだと思う。こうした日本のニューエイジ受容における問題は、その人自身の内面に問題があるというよりも、そもそもマクロレベルでの異文化受容の過程の中で、不幸にも起こっているマイナスの化学反応なので、客観的に自分の状況を理解して、気づくことができれば、しっかりと抜け出せるはずだとも思う。また、本来そもそもニューエイジ的なものに惹かれた理由は、「霊的な渇き」にこそあるわけで、そういう意味で、本質的なクリスチャニティにおける主の愛というものに出会い、根本的に癒される大事なきっかけになると思う。 本来日本がアメリカから受容したニューエイジ的な思想の背景の常識としてあるべきだった、クリスチャニティというテーマについては、今こそ深く知るべき時だと思う。また、今後も、日本のニューエイジ文化の受容において、こうした西洋霊性の根幹であるところの聖書理解がないことが、非常に不幸な結果を生み出し続けているということを指摘し続けていかなければならない。 クリスチャニティの基本は、信仰義認にこそある。信仰義認は、聖書の中の、ローマ信徒への手紙(ロマ書)を読むと、非常に分かりやすく描かれている。決して難しい文章ではないし、長い文章でもないので、イエスの生涯について書かれた4つの福音書(マタイ/マルコ/ルカ/ヨハネ)とあわせて、ぜひ読んでほしい。キリスト教の本質的な救いの源泉は、この中にこそある。 人は皆、アダムとイブの時代に罪を犯してしまったがゆえに、すべからく原罪を背負っている。こうした罪をいかに贖おうと、モーセの十戒という律法主義に基づく行為義認および、自己義認を行おうとも、神の視点からするとそれは、義と認めらるには程遠い。律法主義に基づくと、人は、作り出し続ける罪をあがなうために生贄をささげ続ける必要があり、しかし、それによって原罪が消えることは永遠にない。ゆえに、神は人類を哀れみ、自らの独り子を、罪をあがなう生贄として、人類に与え、その御子を信じるものを義とされることにされた。この深い哀れみゆえに、人は、信仰によって義とされるという考え方が、キリスト教には存在する。無論、これはキリスト教圏においては常識であって、すべての文化はこのベースの上に成り立っている。 日本で一般的に受容されている「修行することでこそ、悟ることができる」という律法主義的な行為義認や、今のニューエイジ的な文脈の中でクリスチャニティのベースがなかったがゆえに「自分を愛すること」という文脈が誤読されて、すでにややカルト的な言説になっている自己義認の考え方は、こうした正しい聖書理解における「信仰義認」というものによって、日本的なニューエイジの終わりのない「自己義認の迷路」から抜け出せるのではないかと思う。 おそらく今後、クリスチャニティの存在しない日本的なニューエイジの問題は、エコーチェンバー化、カルト化する論説という形で、表面にあらわれてくると思う。そういった時こそ、そもそも西洋霊性の中核にある、正しい聖書理解というルーツを振り返る大切なターニングポイントになっていくのだと思う。日本のいわゆる「スピリチャル」(本来名詞ではなく形容詞だからおかしいのでこの言葉の語感はとても嫌いなのだが)は、SNSの発達によって、全ての人がメディアを持つ時代になった今だからこそ、特殊なカルト的形態に対する防衛をしっかりとしていかなければならないターニングポイントに差し掛かっているといえると思う。 願わくは、日本において主の御名があがめられますように。イエスキリストの御名においてお祈りいたします。アーメン。

ニューエイジ的な思想をベースにした人間関係の問題点

ニューエイジ の場合、物事の選択をする際には、ポジティブシンキングをベースに考える。つまり物事には、自分を中心としてポジティブとネガティヴの二元性があると捉える。また自分の意識が創造の中心であると考えるので、ポジティブによりすぎて問題が生じた際には、それは自分のネガティヴな部分を受容する時だと説く。あくまで全ては、自分の意識を中心に展開する教理がニューエイジだ。 クリスチャニティの場合は、そもそも二元性は主と人間との間にあると考える。その中心は決して人間や自分ではなく、神にあると考える。罪人である人間は、そもそも最初からネガティヴなものを背負っているので、神を中心にして悔い改めることをベースに考える。主に赦しを祈り求め、主イエスキリストにおいて罪が贖われ、主が赦し、愛されるように、私も隣人を赦し、愛するという考え方だ。 つまりニューエイジ におけるポジティブシンキングと、クリスチャニティ における悔い改めとは真逆の考え方であると言える。 この考え方の違いが大きく影響を与えるのは、人間関係における親密さの領域。ニューエイジ的思想をベースに考えると、必ずこの種の問題に行き着く。 人間関係における親密さとは、赦しや悔い改め、主の愛という源泉があって初めて成り立つことで、それなしで、永続的で親密な関係性は難しいといえる。主の赦し無きところに、個人の自立的な意識と、他者との親密さの両立はあり得ない。そうでなければただ同じ意識を持った人間同士が集うムラ社会があるだけである。ムラ社会における関係性は、価値観が異なる個人については、排他的な態度をとる。そうしたピアプレッシャー(社会的同調圧力)に基づく関係性は、決して健全で親密な人間関係とは言えないだろう。 こうした排他主義はイエスも戒めていて、汝の敵を愛せよと伝えている。 「自分を愛してくれる人だけを愛したところで、ほめられたことでも何でもありません。神を知らない人でさえ、それぐらいのことはします。 よくしてくれる人にだけよくしたところで、何の意味があるのでしょう。罪人でさえ、それぐらいのことはします。」 ルカの福音書 6:32-33 また、ニューエイジ 的な考え方はしばしば自分の意識が具現化するという教理(つまり自分を神とする)を第一とする。そのため、原罪という概念がないニューエイジの世界観において考えられうる唯一の罪は、ネガティブな意識を持つこと自体にあるわけで、それをあがなうためには、そうしたネガティビティを自分の力で手放すという教理をとる。むろん、主に自分の罪への赦しを乞うという要素がないので、あくまで自分中心の視点でしかないし、あくまで自分の視点でネガティブだととらえている人間関係を切り捨てているだけに過ぎない。自分の内側にある原罪の意識自体は、主への祈りと、主の一方的な恵みによる赦しと愛によって救われていないので、結果的に、常に同様の問題が起こり続けることになる。 あるカソリックの教会に行ったときに、神父の方が、「キリストの道は、切り捨ての道ではない」ということを何度も繰り返しおっしゃっていたことがとても心に残った。SNSとニューエイジ的な思想とは個人主義とネットワーク的なつながりといういう意味で、非常に相性がいい。そういう人類の技術的進展も相まって、この10年でニューエイジ的な思想はものすごく広がったように思う。しかし、SNS特有の人間関係の希薄化や細分化という問題については、今後しっかりと考えないといけないのではないかなと思う。 おそらく現時点では、あまり言語化されていない領域とはいえ、SNS疲れも、このあたりにあるのではないだろうか? クリスチャニティについて深く学ぶにつけて、こうしたニューエイジが持つ、特有の負の影響をどのように乗り越えるべきかは、非常に現代的なテーマなんだろうなと感じる。 ちなみに、このあたりは、社会学ではエコーチェンバー現象といわれている。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E7%8F%BE%E8%B1%A1 特にSNSはその仕組み上、エコーチェンバー現象が起こりやすい。人間関係のあり方は、すべからくその時代の技術的なベースにも大きな影響を受ける。こうしたエコーチェンバー現象のネガティブな側面(これは社会の階層化や、社会的格差という問題も生み出していく)を乗り越えていく意味でも、クリスチャニティというものについて考えることは、非常に重要なものになるのではないだろうか。